ジェネリック医薬品の正しい知識

ジェネリック医薬品とは?

新薬の特許期間終了後,同じ有効成分で製造される「ジェネリック医薬品」

新薬は,研究・開発から発売までに10~15年くらいの長い期間と,数百億円もの膨大な投資が必要といわれています。そのため,特許を出願してから20~25年間は,開発した製薬会社が独占的に製造・販売することができます。しかしその特許期間が終了すると,他の製薬会社が厚生労働省の承認を得て,同じ有効成分の薬を製造・販売することができるようになります。これらの医薬品を総称して「ジェネリック医薬品」と呼びます。

ジェネリック医薬品はこんなにお得!

「ジェネリック医薬品」は家計にやさしい!

新薬が膨大な期間・費用をかけて開発されるのに対して,ジェネリック医薬品は研究開発期間が3~5年,開発費も格段に少なくてすみます。そのため,新薬と同等の有効性や安全性をもちながら,価格は平均すると約半分に抑えることができるといわれています。

高血圧や糖尿病,脂質異常症(高脂血症)などの慢性疾患では,薬の服用は長期間に及びます。そうした患者さんにとっては,ジェネリック医薬品の存在はとても大きいといえます。

現在処方されているお薬をジェネリックに切り替えるには?

医師や薬剤師にお気軽に御相談ください。
医師がジェネリック医薬品に変更すべきでないと判断した場合を除き,患者さんは,調剤薬局でジェネリック医薬品を頼むことができます。 調剤薬局で処方せんを出す際に,「ジェネリック医薬品にしたいのですが」と薬剤師さんに相談してください。

手軽に意思表示を!

「ジェネリック医薬品にしたいのですが」と言いづらい方のために,組合員証やお薬手帳に貼り付けることで,手軽に意思表示することができる「ジェネリック医薬品希望シール」や組合員証と同じ大きさ,形の「ジェネリック医薬品お願いカード」を御用意しています。御希望の方は,共済組合までお問い合わせください。

ジェネリック医薬品希望シール  ジェネリック医薬品お願いカード

ジェネリック医薬品差額通知を送付しています。

共済組合では,これまで処方されたお薬をジェネリック医薬品に変更することで,どのくらい窓口負担額が軽減されるかを試算した「ジェネリック医薬品差額通知」を送付しています。

ジェネリック医薬品の変更を強要するものではありません。ジェネリック医薬品の利用に際しての参考としてお役立てください。

また,インターネットでもジェネリック医薬品への変更による軽減額を調べることができるサイトもありますので,利用してみてください。

ジェネリック医薬品についての情報サイト

かんじゃさんの薬箱

ジェネリック医薬品検索 ジェネリックガイド