データヘルス計画

データヘルス計画とは

近年,レセプトの電子化が進展し,従来困難だった多くの電子データに基づく医療費の内容や傾向の分析が可能となりました。また,健診データの標準化が進んだことで,レセプトデータとの突合せを行い,個々の加入者の健康状態の変化を把握できるようになっています。

この状況を踏まえ,京都市職員共済組合などの保険者が保有するレセプトや,事業主から提供された健康診断データなどの情報を活用し,組合員や被扶養者の健康づくりや疾病予防,重症化予防を行う事業を行うことを目的として,各保険者においてデータヘルス計画を策定することが義務付けられました。

京都市職員共済組合においても,平成27年度から平成29年度までの3年間を計画期間とする第1期データヘルス計画を策定し,レセプト・健診データの分析に基づく効果的・効率的な保健事業のPDCAサイクルによる推進に努めてきました。

第1期計画を踏まえ,実効性をさらに高めるべく,第2期データヘルス計画(計画期間:平成30年度~平成35年度)を策定し,計画に基づく保健事業を実施していきます。