共済組合のしくみ

共済組合の目的—組合員の生活と福祉を支えます

地方公務員によって組織される共済組合は,相互扶助の精神によって組合員とその家族(被扶養者)の生活の安定と福祉の向上を目指す組織です。

社会保険制度の一翼を担っていますが,次に紹介する3つの事業を一体として運営している点が,他の社会保険と大きく異なっています。

共済組合の事業—医療・年金・福祉

地方公務員の共済組合は,主に次の3つの事業を行っています。

【短期給付事業】
病気・ケガ,出産,休業,災害,死亡などの際に,組合員とその家族に医療や現金などの必要な給付をします。
イラスト1
【長期給付事業】
組合員の退職,障害,死亡の際に,年金や一時金を給付します。
イラスト2
【福祉事業】
健康保持増進事業(健康診査など)や保養所の運営,また住宅資金等の貸し付けなども実施します。
イラスト3

共済組合の種類と組織

地方公務員の共済組合には,次のような種類があります。

共済組合の種類

共済組合の種類

また,共済組合は事業を円滑・適正に運営するために,次のような組織を設けています。組合員の意見や要望は,議決機関である組合会を通じて業務に反映されます。

共済組合の組織

共済組合の組織

事業計画及び予算

決算